水のトラブルにはどのようなものがあるの?

水のトラブルにはどのようなものがあるの? キッチンやトイレ、お風呂場など、私たちの日常生活で欠かすことのできないものが水です。入浴するとき、便を流すとき、食洗するとき、洗濯するときなど多方面で活躍しています。もしこの水に関して何らかのトラブルが起きると、途端に私たちの生活は停滞してしまいます。ある日突然水のトラブルが発生することもあり得ます。このような緊急事態が発生すると、どうすればいいのかおろおろしてしまう方も少なくありません。自宅の中で起こりうる水のトラブルの中でも主だったものについて、以下でいくつか紹介します。もしこれから紹介するような事態が発生した場合でも、冷静さを保つように心がけておきましょう。

■水漏れが起きてしまった

通常蛇口をひねれば水が出てきて、元に戻せば止まります。ところが蛇口をしっかり閉めたつもりでも、ポタポタ水のたれるケースも起こり得ます。特に台所でこのような水のトラブルは起こりやすいです。台所の水栓は、1日3食の調理の際、食器洗いの時など使用頻度は自宅の中でもトップクラスに多いです。このため、どうしても寿命が他の個所と比較して早くなってしまいます。多少水漏れが起きても支障ないのでは、と思う人もいるかもしれません。しかし水漏れを放置していると、その分水道使用量が多くなります。その結果、水道料金も高くなってしまいます。本来支払う必要のなかった費用を負担するわけで、これほどもったいない話はないでしょう。症状に気づいたのであれば、早めの対策を講じる必要があります。

■排水管のつまり
水道を使用すると、排水溝に水はどんどん流れ込んでいきます。普通であれば、しばらくするときれいに排水されるでしょう。ところがなかなか水が引かないこともあり、ひどくなると逆流を始めて逆に水量が増えてしまうケースも出てきます。これはもしかすると排水管のどこかでつまりを起こしている可能性が高いです。つまりの起きる原因は簡単に言ってしまうと、異物を排水溝に流してしまったからです。これが管内で引っかかってしまって、水の流れをせき止めてしまっているわけです。通り道を狭めている程度であれば、排水のペースが悪くなる程度でしょう。しかし完全にふさいでしまうと水が行き場を失って、元に戻ろうとします。これが逆流の起きるメカニズムです。つまりを解消するためには、その原因の異物を取り除く必要があります。

■トイレのトラブルも多く報告されている

1日何度も利用するトイレでトラブルが起きると、本当に困りものです。下手するとトイレが使用できなくなって、どこか別の場所で用を足さなければならなくなります。様々なトラブルが起こり得ますが、例えばトイレの中にティッシュペーパーなどの異物を捨ててしまったことでつまりの起こる可能性が考えられます。また配管のどこかにゆるみなどが起きて、水漏れを引き起こすこともあります。さらに近年では、ウォシュレットを自宅に設置している世帯も多いでしょう。このウォシュレットが何らかのトラブルによって使用できなくなるという案件も増えてきています。ウォシュレットは電化製品のため、専門知識を持たない素人が下手に手を加えると症状が悪化してしまう恐れもあります。メーカーなど専門家に修理を依頼すべきです。

■まとめ
ここまで見てきたように、自宅の中にはいろいろな水のトラブルにまつわるリスク要因が転がっています。もしこのような問題が起きた場合、軽度の症状であれば自分たちだけで対処できるケースもあります。しかしもし自分の手には負えない、自分で修理するのに自信がなければ、水道修理業者に作業の依頼をすることが大切です。多少料金がかかっても、専門家がしっかり直してくれます。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ

最新ニュース